プロフィール

イチトセ

Author:イチトセ
セルフカバーソングが大好きで、現在はセルフカバー中心の音楽wikiにて更新しています。
ツイッターもしているので、気軽にコメントや感想下さい。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

来場者

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

セルフカバー中心のリスト Part.1

今まで紹介したCDをランダムに表示しています。

セルフカバー中心のリスト Part.2

セルフカバー中心のリスト Part.3

セルフカバー中心のリスト Part.4

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック

ランキング

セルフカバー中心の音楽ブログ
音楽の中でも『セルフカバー』を中心に紹介するブログです。                             今はセルフカバー中心の音楽wikiにて更新を続けています。
財津和夫 『Z氏の悪い趣味』
Z氏の悪い趣味Z氏の悪い趣味
(1993/04/21)
財津和夫

商品詳細を見る

TRACK LIST

01 白いパラソル
02 ラブ・ストーリーを君に
03 サボテンの花
04 ふたつの鍵
05 今だから
06 LOVE SONG
07 心の糸
08 青春の影
09 水色の朝~エピローグ

赤字がセルフカバー曲です。


セルフカバー曲の詳細

01 白いパラソル (作詞:松本隆 英語詞:マイケル・デュアー 作曲:財津和夫)
  他の収録CD:なし
  原曲:松田聖子 「白いパラソル」
  原曲収録CD:[Single] 白いパラソル(CCCD)
           [Album] 風立ちぬ
           [Album] SEIKO STORY~80’s HITS COLLECTION~
           [Album] Premium Diamond Bible      など

05 今だから (作詞:松任谷由実・小田和正・財津和夫 作曲:松任谷由実・小田和正・財津和夫)
  他の収録CD:財津和夫『ベスト・アルバム
  原曲:松任谷由実・小田和正・財津和夫 「今だから」
  原曲収録レコード・カセット: 今だから

06 LOVE SONG (作詞:松本隆 作曲:財津和夫)
  他の収録CD:なし
  原曲:松田聖子 「LOVE SONG」
  原曲収録CD:[Album] Pineapple
           [Album] SEIKO SUITE
           [Album] Seiko Matsuda      など

09 水色の朝~エピローグ (作詞:松本隆 作曲:財津和夫)
  他の収録CD:なし
  原曲:松田聖子 「水色の朝」
  原曲収録CD:[Album] Pineapple
           [Album] Premium Diamond Bible
           [Album] Seiko Matsuda      など


[補足・雑記]

財津和夫(ざいつかずお)は、「Wake Up」「サボテンの花」などの曲が有名なシンガーソングライターです。

このCDは、彼の企画アルバムです。

ここでは松田聖子へ提供した「白いパラソル」「LOVE SONG」「水色の朝」と、
松任谷由実・小田和正とともに出した「今だから」をセルフカバーしています。

「白いパラソル」の歌詞だけが英語になっています。
ちょっとリゾートポップっぽくなっていて、曲の持つ夏らしさが損なわれていません。

「今だから」はいろんな意味で有名で、貴重な曲です。
原曲は松任谷由実・小田和正・財津和夫というビッグネームが一堂に会したコラボレーション曲です。
当時、松任谷由実と財津和夫(チューリップ)はレコード会社が同じ東芝EMIでしたが、
小田和正(オフコース)はファンハウスという違うレコード会社に所属していました。
そういう経緯もあり、東芝EMIはカセット、ファンハウスはレコードとして発売し
利益を合計して折半するという形でレコード会社の垣根を超えてリリースされました。
ですが、その後「今だから」はCD化はされておらず、CDとして聴けるものは
財津和夫のセルフカバー版のみとなっています。

ただし、その曲調は大きく異なっています。
元々「今だから」は松任谷由実と小田和正が中心に話を進めていて、
財津が口を挟もうとしてもなかなか難しい雰囲気になっていたため、
原曲に関してはほとんど関わっていないようです。
また、作曲に関しては中心人物の二人より編曲の坂本龍一がリードしていたそうで、
原曲はYMOに近いサウンドになっているのですが、
セルフカバー版は落ち着いたバラード調になっています。

ちなみに「白いパラソル」「今だから」「水色の朝~エピローグ」は
Yumi Kobayashiという女性とデュエットしています。

また、セルフカバー以外の曲は「サボテンの花」「ふたつの鍵」「心の糸」「青春の影」が、
チューリップ時代の曲の歌いなおしで、「ラブ・ストーリーを君に」が唯一の新曲となっています。

余談ですが、オリコンシングルチャートにて1位を取った曲でCD化されていないのは「今だから」だけです。

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽