プロフィール

イチトセ

Author:イチトセ
セルフカバーソングが大好きで、現在はセルフカバー中心の音楽wikiにて更新しています。
ツイッターもしているので、気軽にコメントや感想下さい。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

来場者

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

セルフカバー中心のリスト Part.1

今まで紹介したCDをランダムに表示しています。

セルフカバー中心のリスト Part.2

セルフカバー中心のリスト Part.3

セルフカバー中心のリスト Part.4

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック

ランキング

セルフカバー中心の音楽ブログ
音楽の中でも『セルフカバー』を中心に紹介するブログです。                             今はセルフカバー中心の音楽wikiにて更新を続けています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『日常のDVD(ブルーレイ) 特装版 第4巻 特典スペシャルCD』
日常のDVD 特装版 第4巻日常のDVD 特装版 第4巻
(2011/09/30)
本多真梨子、相沢舞 他

商品詳細を見る

日常のブルーレイ 特装版 第4巻 [Blu-ray]日常のブルーレイ 特装版 第4巻 [Blu-ray]
(2011/09/30)
本多真梨子、相沢舞 他

商品詳細を見る

TRACK LIST

01 マヌケの全力疾走
02 駄々をこねる天才
03 ここが落とし所
04 ヘルベチカスタンダード~その3~
05 春な日常
06 不安少女
07 みおのカプってカプって萌えちぎれ / ヒャダイン
08 日常のラヂオ ダイジェスト04

赤字がセルフカバー曲です。


セルフカバー曲の詳細

07 みおのカプってカプって萌えちぎれ (作詞:前山田健一 作曲:前山田健一)
  他の収録CD:なし
  原曲:長野原みお(CV:相沢舞) 「みおのカプってカプって萌えちぎれ」(若干歌詞が異なる)
  原曲収録CD:[Single] みおのカプってカプって萌えちぎれ


[補足・雑記]

このCDは、アニメ“日常のDVD 特装版 第4巻”または“日常のブルーレイ 特装版 第4巻”に付属する
特典CDです。

ここでは前山田健一がヒャダイン名義で、長野原みお(相沢舞)へキャラクターソングとして提供した
「みおのカプってカプって萌えちぎれ」をセルフカバーしています。

前山田健一は、作詞家松井五郎への弟子入りを経て音楽活動を開始し、
ニコニコ動画上で〝ヒャダイン〟を名乗り投稿した曲が話題を呼んだ作曲家です。
アニメ“頭文字D Fourth Stage”への曲提供を皮切りに、その後は
倖田來未×misonoの「It's all Love!」や、ももいろクローバーの「行くぜっ!怪盗少女」、
アニメ“電波女と青春男”“みつどもえ”の音楽などに携わっています。
歌手としてはヒャダインの名前を使い、作詞作曲のクレジットでは前山田健一と表記されます。

「みおのカプってカプって萌えちぎれ」は、BL好きのみおが妄想したり通常の女子高生を装ったりする曲です。
導入部は妄想パートになっていて、ヒャダインとデュエットでBLの妄想を劇のように演じています。
それが終わると声色も変わり急激にアップテンポし、BL好きな自分と
一般的な女子高生であろうとする自分とがせめぎあう様がコミカルに表現されています。
そして、また導入部と同じ妄想パートに戻り、最後にあまりにも汚くえげつない笑い声が入り終わります。

声優の相沢舞の声色の広さが遺憾なく発揮されていて非常に面白い曲です。

セルフカバー版はヒャダインがいわゆる〝ヒャダル子〟を使わずに一人で歌っていて、
よりBL的雰囲気を感じさせる男臭い曲になっています。
サビは激しい口調で、半ばヤケクソのような歌い方をしています。
また原曲と異なる点は、妄想パートの終盤が高音パートと低音パートに分かれていて、
綺麗に一人でハモっている所と、歌詞が〝萌える〟から〝ブヒれる〟に変わっている所、
そして、最後の笑い声がないのが最大の違いです。

最後の笑い声があるという点で、個人的には原曲が好きです。

スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

『日常のDVD(ブルーレイ) 特装版 第3巻 特典スペシャルCD』
日常のDVD 特装版 第3巻日常のDVD 特装版 第3巻
(2011/08/26)
本多真梨子、相沢舞 他

商品詳細を見る

日常のブルーレイ 特装版 第3巻 [Blu-ray]日常のブルーレイ 特装版 第3巻 [Blu-ray]
(2011/08/26)
本多真梨子、相沢舞 他

商品詳細を見る

TRACK LIST

01 ヒトコトワドコトバ
02 東雲研究所の楽しい喧嘩
03 パニックでトラブルでオーマイガー
04 狐と狸のおマヌケな化かし合い
05 恋心は弾丸も柔らかくする
06 ヘルベチカスタンダード~その2~
07 阪本さんのニャーというとでも思ったか / ヒャダイン
08 日常のラヂオ ダイジェスト03

赤字がセルフカバー曲です。


セルフカバー曲の詳細

07 阪本さんのニャーというとでも思ったか (作詞:前山田健一 作曲:前山田健一)
  他の収録CD:なし
  原曲:阪本さん(CV:白石稔) 「阪本さんのニャーというとでも思ったか」
  原曲収録CD:[Single] 阪本さんのニャーというとでも思ったか


[補足・雑記]

このCDは、アニメ“日常のDVD 特装版 第3巻”または“日常のブルーレイ 特装版 第3巻”に付属する
特典CDです。

ここでは前山田健一がヒャダイン名義で、阪本さん(白石稔)へキャラクターソングとして提供した
「阪本さんのニャーというとでも思ったか」をセルフカバーしています。

前山田健一は、作詞家松井五郎への弟子入りを経て音楽活動を開始し、
ニコニコ動画上で〝ヒャダイン〟を名乗り投稿した曲が話題を呼んだ作曲家です。
アニメ“頭文字D Fourth Stage”への曲提供を皮切りに、その後は
倖田來未×misonoの「It's all Love!」や、ももいろクローバーの「行くぜっ!怪盗少女」などに携わっています。
歌手としてはヒャダインの名前を使い、作詞作曲のクレジットでは前山田健一と表記されます。

阪本さんという猫のキャラクターが歌っていますが、流暢な日本語でダンディーに歌っています。
スウィング・ジャズテイストの楽曲で、この曲では板垣祐介が編曲を担当しています。

また、原曲を歌っているのが男性だからか、セルフカバー版ではヒャダインの
地声だけで歌われていて、パートが分けられていないのが特徴です。

ちなみにCDジャケットのイラストには、群馬県民なら誰もが知っている(他県民は全く知らない)
上毛かるたが描かれています。

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

『日常のDVD(ブルーレイ) 特装版 第2巻 特典スペシャルCD』
日常のDVD 特装版 第2巻日常のDVD 特装版 第2巻
(2011/07/22)
本多真梨子、相沢舞 他

商品詳細を見る

日常のブルーレイ 特装版 第2巻 [Blu-ray]日常のブルーレイ 特装版 第2巻 [Blu-ray]
(2011/07/22)
本多真梨子、相沢舞 他

商品詳細を見る

TRACK LIST

01 日常のじゃんけんコーナー
02 日常の予告
03 阪本いぢり
04 笹原のテーマ
05 ヘルベチカスタンダード~その1~
06 可愛く走る走る走る
07 はかせのサメといぬ / ヒャダイン
08 日常のラヂオ ダイジェスト 02

赤字がセルフカバー曲です。


セルフカバー曲の詳細

07 はかせのサメといぬ (作詞:前山田健一 作曲:前山田健一)
  他の収録CD:なし
  原曲:はかせ(CV:今野宏美) 「はかせのサメといぬ」
  原曲収録CD:[Single] はかせの好きなのなの


[補足・雑記]

このCDは、アニメ“日常のDVD 特装版 第2巻”または“日常のブルーレイ 特装版 第2巻”に付属する
特典CDです。

ここでは前山田健一がヒャダイン名義で、はかせ(今野宏美)へキャラクターソングとして提供した
「はかせのサメといぬ」をセルフカバーしています。

前山田健一は、作詞家松井五郎への弟子入りを経て音楽活動を開始し、
ニコニコ動画上で〝ヒャダイン〟を名乗り投稿した曲が話題を呼んだ作曲家です。
過去に倖田來未×misonoの「It's all Love!」や、ももいろクローバーの
「行くぜっ!怪盗少女」などに携わっています。
歌手としてはヒャダインの名前を使い、作詞作曲のクレジットでは前山田健一と表記されます。

「はかせのサメといぬ」は「はかせの好きなのなの」のカップリングで、
前半ははかせが大好きなサメとサメの種類を、
後半ははかせが大嫌いなイヌとイヌの種類を、
エレクトロニックなサウンドに乗せてラップ調に歌うコミカルな曲となっています。
似たように固有名詞をラップ調に挙げていく「ポケモン言えるかな?」が引き合いに出されることも多いです。

セルフカバー版はヒャダインのつぶやくような声と、機械っぽいサブボーカルによって
よりテクノポップの印象を強めています。

また、唐突に〝群馬最強〟と出てきますが、漫画原作者である
あらゐけいいちが群馬出身で、漫画内でも群馬ネタを出しているので、
その流れを汲んだギャグだと思われます。
ちなみにヒャダインこと前山田健一は大阪府大阪市の出身です。

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

『日常のDVD(ブルーレイ) 特装版 第1巻 特典スペシャルCD』
日常のDVD 特装版 第1巻日常のDVD 特装版 第1巻
(2011/06/24)
本多真梨子、相沢舞 他

商品詳細を見る

日常のブルーレイ 特装版 第1巻 [Blu-ray]日常のブルーレイ 特装版 第1巻 [Blu-ray]
(2011/06/24)
本多真梨子、相沢舞 他

商品詳細を見る

TRACK LIST

01 日常のタイトル曲
02 のんびり生活
03 大きすぎるショック
04 復活のゆっこ
05 お涙頂戴
06 調子づくゆっこ
07 これはオチです
08 東雲研究所の毎日
09 のんびりと回想してみる
10 コミカルに説教
11 寂しくて少し切ない時
12 日常の作戦開始
13 ハッピー東雲研究所
14 日常の牧歌的音楽
15 日常の優雅さ
16 日常0話エンディングテーマ / 佐咲紗花
17 日常の登校
18 機嫌の良いはかせ
19 中之条のテーマ
20 可愛らしいドキドキ感
21 囲碁サッカー部の日常
22 なののネジ回しラプソディ / ヒャダイン
23 日常のラヂオ ダイジェスト 01

赤字がセルフカバー曲です。


セルフカバー曲の詳細

22 なののネジ回しラプソディ (作詞:前山田健一 作曲:前山田健一)
  他の収録CD:なし
  原曲:東雲なの(CV:古谷静佳) 「なののネジ回しラプソディ」
  原曲収録CD:[Single] なののネジ回しラプソディ


[補足・雑記]

このCDは、アニメ“日常のDVD 特装版 第1巻”または“日常のブルーレイ 特装版 第1巻”に付属する特典CDです。

ここでは前山田健一がヒャダイン名義で、東雲なの(古谷静佳)へキャラクターソングとして提供した
「なののネジ回しラプソディ」をセルフカバーしています。

前山田健一は、作詞家松井五郎への弟子入りを経て音楽活動を開始し、
ニコニコ動画上で〝ヒャダイン〟を名乗り投稿した曲が話題を呼んだ作曲家です。
歌手としてはヒャダインの名前を使い、作詞作曲のクレジットでは前山田健一と表記されます。

この特典CDだけがキャラクターソングより早く発売されていますが
(DVD・ブルーレイは2011年6月24日、キャラソンは2011年7月6日発売)、他が全て後発なのと、
キャラソンという、前山田から提供されたことが客観的に判る曲であるため、
例外的にセルフカバーとして扱います。

「なののネジ回しラプソディ」はサビで分かりやすいほど曲調が変わる曲で、
ロボ女子高生の暴走を表現している非常にコミカルな曲です。
想像していたより低いキーで歌っており、
キャラが歌っているというよりは声優さんが歌っているような感じです。

キャラソンとして聴くと違和感が拭えなかったためか、
ヒャダインのセルフカバー版の方が聴きやすく感じました。

また、ヒャダイン版では俗に〝ヒャダル子〟と呼ばれている、
ヒャダインの声をピッチ調整した女性声を用い、2パートに分けて歌っています。

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。