プロフィール

イチトセ

Author:イチトセ
セルフカバーソングが大好きで、現在はセルフカバー中心の音楽wikiにて更新しています。
ツイッターもしているので、気軽にコメントや感想下さい。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

来場者

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

セルフカバー中心のリスト Part.1

今まで紹介したCDをランダムに表示しています。

セルフカバー中心のリスト Part.2

セルフカバー中心のリスト Part.3

セルフカバー中心のリスト Part.4

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック

ランキング

セルフカバー中心の音楽ブログ
音楽の中でも『セルフカバー』を中心に紹介するブログです。                             今はセルフカバー中心の音楽wikiにて更新を続けています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原田真二 『Plugged』
PluggedPlugged
(2009/06/22)
原田真二

商品詳細を見る

TRACK LIST

01 瞳いっぱいの涙
02 フライデーナイトレビュー
03 パイナップル アイランド
04 キャンドルの瞳
05 波を聴いた夜-Love Affair-
06 タイム・トラベル

赤字がセルフカバー曲です。


セルフカバー曲の詳細

01 瞳いっぱいの涙 (作詞:康珍化 作曲:原田真二)
  他の収録CD:なし
  原曲:山下久美子 「瞳いっぱいの涙」
  原曲収録CD:[Single] 瞳いっぱいの涙
           [Album] and Sophia’s back
           [Album] 山下久美子 シングルコレクション
           [Album] BOX(1980~1989)      など

02 フライデーナイトレビュー (作詞:安藤秀樹 作曲:原田真二)
  他の収録CD:原田真二『原田真二 ゴールデン☆ベスト-1992~1996 SHINE THE LIGHT COLLECTION-
  原曲:吉川晃司 「フライデーナイトレビュー」
  原曲収録CD:[Album] パラシュートが落ちた夏
           [Album] 20th Anniversary SELF COVER BEST ALBUM 「Thank You」 (完全限定盤)(新録)

03 パイナップル アイランド (作詞:松本隆 英訳詞:Mary Stickels 作曲:原田真二)
  他の収録CD:原田真二『原田真二 ゴールデン☆ベスト-1992~1996 SHINE THE LIGHT COLLECTION-
  原曲:松田聖子 「パイナップル アイランド」(歌詞が異なる)
  原曲収録CD:[Album] Pineapple
           [Album] Bible III
           [Album] Another side of Seiko 27
           [Album] Seiko Matsuda      など

04 キャンドルの瞳 (作詞:安藤秀樹 作曲:原田真二)
  他の収録CD:なし
  原曲:吉川晃司 「キャンドルの瞳」
  原曲収録CD:[Single] キャンドルの瞳
           [Album] MODERN TIME
           [Album] TOO MUCH LOVE
           [Album] Spirit×ナイフ〜GOLDEN YEARS MILLENNIUM EDITION〜(ライブ音源)      など


[補足・雑記]

原田真二は、「てぃーんず ぶるーす」「キャンディ」などのヒット曲を持つシンガーソングライターです。

このCDは、彼の四枚目のミニアルバムです。
unplugged』と同時発売され、『unplugged』が自曲のリメイクが中心であるのに対し、
plugged』はセルフカバー曲が中心となっています。
また、両方とも副題に〝原田真二リメイクス〟と付いています。

まず山下久美子へ提供した「瞳いっぱいの涙」は、原田真二の甘い声が全開になっている曲で
山下久美子のハスキーボイスとはまた違う色気を漂わせています。

さらに吉川晃司への提供曲「フライデーナイトレビュー」「キャンドルの瞳」は、
激しめのロックナンバーであるところに変わりませんが、声色の違いによって雰囲気が変わります。

そして松田聖子へ提供した「パイナップル アイランド」です。
プリンスを髣髴とさせるシャウトで始まるセルフカバー版は、原曲の曲調とは異なり、
当時流行したニュージャックスウィングに近いサウンドになっています。
原田真二はデビュー当時から日本離れした洋楽的なサウンドで有名でしたが、
歌詞が英語になったことで、その印象がより強まったように感じます。

スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。