プロフィール

イチトセ

Author:イチトセ
セルフカバーソングが大好きで、現在はセルフカバー中心の音楽wikiにて更新しています。
ツイッターもしているので、気軽にコメントや感想下さい。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

来場者

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

セルフカバー中心のリスト Part.1

今まで紹介したCDをランダムに表示しています。

セルフカバー中心のリスト Part.2

セルフカバー中心のリスト Part.3

セルフカバー中心のリスト Part.4

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック

ランキング

セルフカバー中心の音楽ブログ
音楽の中でも『セルフカバー』を中心に紹介するブログです。                             今はセルフカバー中心の音楽wikiにて更新を続けています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐野元春 『SOMEDAY Collector's Edition』
Someday Collector’s EditionSomeday Collector’s Edition
(2002/05/22)
佐野元春

商品詳細を見る

TRACK LIST

DISC 1
01-01 Sugartime
01-02 Happy Man
01-03 Down Town Boy
01-04 二人のバースデイ
01-05 麗しのドンナ・アンナ
01-06 Someday
01-07 I'm In Blue
01-08 真夜中に清めて
01-09 Vanity Factory
01-10 Rock & Roll Night
01-11 サンチャイルドは僕の友達

DISC 2
02-01 Sugartime (single ver. / mono mix)
02-02 スターダスト・キッズ (original ver.)
02-03 Bye Bye Handy Love (original ver.)
02-04 Wonderland (mono mix)
02-05 マンハッタンブリッジにたたずんで
02-06 So Young (original ver.)
02-07 ダウンタウン・ボーイ (original ver.)
02-08 サンチャイルドは僕の友達 (another mix)

赤字がセルフカバー曲です。


セルフカバー曲の詳細

01-07 I'm In Blue (作詞:佐野元春 作曲:佐野元春)
  他の収録CD:佐野元春『SOMEDAY
  原曲:沢田研二 「I'm In Blue」
  原曲収録CD:[Album] G.S.I LOVE YOU

01-09 Vanity Factory (作詞:佐野元春 作曲:佐野元春)
  他の収録CD:佐野元春『SOMEDAY
           『ロックNIPPON~ぐっさんセレクション
  原曲:沢田研二 「THE VANITY FACTORY」
  原曲収録CD:[Album] G.S.I LOVE YOU

02-06 So Young (original ver.) (作詞:佐野元春 作曲:佐野元春)
  他の収録CD:佐野元春『No Damage』(アレンジが異なる)
           佐野元春『The LEGEND』(アレンジが異なる)
           佐野元春『THE GOLDEN RING~佐野元春ウィズ・ザ・ハートランド・ライヴ1983-1994』(ライブ音源)
  原曲:山下久美子 「So Young」(一部歌詞が異なる)
  原曲収録CD:[Album] 雨の日は家にいて
           [Album] ヒット・コレクション
           [Album] SWEET MEMORIES~BEST SONGS SELECTION
           [Album] BOX(1980~1989)      など


[補足・雑記]

佐野元春は、「アンジェリーナ」「SOMEDAY」「Young Bloods」などのヒット曲を持ち、
VISITORS』にて日本初のメジャーレーベルでの日本語ラップを取り入れるなど、
現在まで日本音楽界に多大な影響を与えているミュージシャン、もしくは詩人です。

このCDは、彼の三枚目のオリジナルアルバムに、アナログ盤にしか収録されていない
初CD化のDISC 2を付属した企画盤です。

ここでは沢田研二へ提供した「I'm In Blue」「Vanity Factory」と、
山下久美子へ提供した「So Young」をセルフカバーしています。

沢田への提供曲2曲は『G.S.I LOVE YOU』へ収録された曲です。
「I'm In Blue」がミドルテンポの比較的ゆったりとした曲なのに対し、
「Vanity Factory」は激しいロック調の曲で、
はっきりと曲調の違う対照的な曲がセルフカバーされています。

「I'm In Blue」のセルフカバー版には、
このアルバムのCO-PRODUCER(コ・プロデューサー:副プロデューサーの意味)として参加し、
G.S.I LOVE YOU』でも編曲を務めた伊藤銀次がコーラスを担当しており、
「Vanity Factory」のセルフカバー版では沢田研二がコーラスを担当しています。

また、「I'm In Blue」は後に吉川晃司が『パラシュートが落ちた夏』にてカバーしています。

以上は通常盤の『SOMEDAY』と同じです。
今作はさらにDISC 2が追加されていて、そこには「So Young」のセルフカバー版が収められています。
他のCDには収録されていないオリジナルバージョンなので、とても貴重な音源です。
性別が異なるため女っぽい言葉遣いがセルフカバー版では変更されているほか、
歌声による印象の違いはありますが、ノリのよい曲調はどちらも健在です。

ちなみに『SOMEDAY』は『NIAGARA TRIANGLE Vol.2』と同時進行で作られていたと言うから驚きです。

余談ですが、「ダウンタウン・ボーイ」はお笑い芸人のダウンタウンの出囃子として使われていました。

スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。