プロフィール

イチトセ

Author:イチトセ
セルフカバーソングが大好きで、現在はセルフカバー中心の音楽wikiにて更新しています。
ツイッターもしているので、気軽にコメントや感想下さい。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

来場者

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

セルフカバー中心のリスト Part.1

今まで紹介したCDをランダムに表示しています。

セルフカバー中心のリスト Part.2

セルフカバー中心のリスト Part.3

セルフカバー中心のリスト Part.4

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック

ランキング

セルフカバー中心の音楽ブログ
音楽の中でも『セルフカバー』を中心に紹介するブログです。                             今はセルフカバー中心の音楽wikiにて更新を続けています。
鈴木雅之 『DISCOVER JAPAN』
DISCOVER JAPANDISCOVER JAPAN
(2011/09/28)
鈴木雅之

商品詳細を見る

TRACK LIST

01 幻想曲 第25楽章~A Quarter Century of Discovery~
02 L-O-V-E
03 夢の中で会えるでしょう
04 愛し君へ
05 熱き心に
06 ヘイヘイブギ
07 愛燦燦
08 そっとおやすみ
09 ママがサンタにキッスした
10 ラヴ・イズ・オーヴァー
11 I’m Here

赤字がセルフカバー曲です。


セルフカバー曲の詳細

11 I’m Here (作詞:麻生圭子 作曲:鈴木雅之)
  他の収録CD:なし
  原曲:小比類巻かほる 「I’m Here」
  原曲収録CD:[Single] I’m Here
           [Album] I’m Here
           [Album] SO REAL
           [Album] Black Kohhy Best'85~'89
           [Album] Kohhy’s Singles     など


[補足・雑記]

鈴木雅之は、ラッツ&スターのリーダーとして、またソロとしても活躍し、
〝Martin(マーチン)〟の愛称と口髭にサングラス姿で有名な歌手・シンガーソングライターです。

このCDは、彼の二枚目のカバーアルバムです。

ここでは小比類巻かほるへ提供した「I’m Here」をセルフカバーしています。

原曲は『City Hunter~愛よ消えないで~』から10日後に発売されたシングルで、
聴く人によって様々な解釈が出来そうな歌詞と、切なさを感じさせるメロディー、
そして何といっても小比類巻のパワフルな歌声が勇気をくれるバラードです。

今作『DISCOVER JAPAN』は他者のカバーを収めたものですが、セルフカバー曲はこの曲だけで、
ラストを締めくくるのにふさわしい特別な曲となっています。
鈴木版は服部隆之によるオーケストラ・アレンジによってかなり壮大な印象となっていて、
24年の時を経てセルフカバーされましたが、ソロ25周年を迎え熟練した鈴木の歌う「I’m Here」と、
20歳の小比類巻が歌う、若々しくて心に真正面から向かってくる「I’m Here」が非常に対照的で、
この歳月を端的に象徴している一曲のように感じます。

ちなみに、今作の初回生産限定盤には「愛し君へ」のレコーディング風景を収めたDVDが付きます。

また、他のカバー曲の元の歌唱者は以下の通りです。

02 L-O-V-E (ナット・キング・コール)
03 夢の中で会えるでしょう (キングトーンズ/高野寛)
04 愛し君へ (森山直太朗)
05 熱き心に (小林旭)
06 ヘイヘイブギ (笠置シヅ子)
07 愛燦燦 (美空ひばり/小椋佳)
08 そっとおやすみ (布施明)
09 ママがサンタにキッスした (ジミー・ボイド)
10 ラヴ・イズ・オーヴァー (欧陽菲菲)

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽