プロフィール

イチトセ

Author:イチトセ
セルフカバーソングが大好きで、現在はセルフカバー中心の音楽wikiにて更新しています。
ツイッターもしているので、気軽にコメントや感想下さい。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

来場者

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

セルフカバー中心のリスト Part.1

今まで紹介したCDをランダムに表示しています。

セルフカバー中心のリスト Part.2

セルフカバー中心のリスト Part.3

セルフカバー中心のリスト Part.4

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック

ランキング

セルフカバー中心の音楽ブログ
音楽の中でも『セルフカバー』を中心に紹介するブログです。                             今はセルフカバー中心の音楽wikiにて更新を続けています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岸谷香(奥居香) 『RING TO THE HEAVENS』
RING TO THE HEAVENSRING TO THE HEAVENS
(2006/05/31)
岸谷香

商品詳細を見る

TRACK LIST

01 Hello.Hello.
02 くいしんぼ天国
03 ラズベリーヒル
04 翼がなくても
05 恋をしていた私たちへ
06 ラヴソング
07 授業
08 水の中の月
09 Sweet Sweet Home
10 バカンス2005
11 私のまだ知らないコト
12 ICE AGE~氷河期の子供たち~

赤字がセルフカバー曲です。


セルフカバー曲の詳細

02 くいしんぼ天国 (作詞:奥居香 作曲:奥居香)
  他の収録CD:岸谷香『ICE AGE ~氷河期の子供たち~
  原曲:Peachy(石井里佳) 「くいしんぼ天国」
  原曲収録CD:[Single] スーパージェットシューズ~未来を歩くくつ~

04 翼がなくても (作詞:岸谷香 作曲:岸谷香)
  他の収録CD:なし
  原曲:COLOR 「翼がなくても」
  原曲収録CD:[Single] 翼がなくても
           [Album] Love Execute

08 水の中の月 (作詞:中山加奈子 作曲:奥居香)
  他の収録CD:なし
  原曲:松本梨香 「水の中の月」
  原曲収録CD:[Single] ガーベラ

09 Sweet Sweet Home (作詞:奥居香 作曲:奥居香)
  他の収録CD:岸谷香『Hello.Hello.
  原曲:Peachy(石井里佳) 「Sweet Sweet Home」
  原曲収録CD:[Single] ユメミルチカラ

12 ICE AGE~氷河期の子供たち~ (作詞:岸谷香 作曲:岸谷香)
  他の収録CD:岸谷香『ICE AGE ~氷河期の子供たち~
  原曲:Peachy(石井里佳) 「スノーパラダイス」(作詞:中山加奈子 作曲:奥居香、歌詞違い)
  原曲収録CD:[Single] スノーパラダイス


[補足・雑記]

岸谷香(奥居香)は、かつてPRINCESS PRINCESS(プリンセス・プリンセス)として数々のヒット曲を生み、
ガールズバンドブームを牽引した歌手、もしくはシンガーソングライターです。

このCDは、彼女の四枚目のオリジナルアルバムです。

ここではPeachy(石井里佳)の「くいしんぼ天国」「Sweet Sweet Home」「スノーパラダイス」、
COLORの「翼がなくても」、松本梨香の「水の中の月」をセルフカバーしています。

石井里佳は“Peachy”名義で岸谷のプロデュースを受けデビューした歌手で、
のちにハロー!プロジェクトのメンバーとしても活動していました。
彼女へ提供した3曲のセルフカバーはアレンジに変化はなく、
底抜けにパワフルで明るい感じがいかにも岸谷らしい曲です。
「スノーパラダイス」のセルフカバー版「ICE AGE~氷河期の子供たち~」は、
アニメ映画“アイス・エイジ2”のイメージソングに起用されており、
その内容に合わせて歌詞を岸谷が新たに書き下ろしていています。
岸谷は2001年の第一子出産を機に芸名を本名にしているため、それ以前に作られた「スノーパラダイス」では
作曲は奥居香名義ですが、以後に発表された「ICE AGE~氷河期の子供たち~」は
岸谷香名義となっています。

「翼がなくても」は女性ダンスボーカルグループ“COLOR”(のちのBuzy)へ提供された曲で、
岸谷の夫である俳優の岸谷吾朗が主演を務めたドラマ“世界で一番熱い夏”の主題歌です。
ドラマのタイトルもプリンセス・プリンセスの名曲『世界でいちばん熱い夏』を意識したものになっており、
岸谷香は直接関係はないものの何かとつながりが多く、「翼がなくても」もその一つです。
そのセルフカバー版は出だしがピアノで始まる穏やかで大人っぽいアレンジで、
バックトラックも厚みを増しているように感じます。

声優の松本梨香へ提供した「水の中の月」のセルフカバー版は、
パーカッションとサビのストリングスが心地よい原曲を更に打ち込みで強化した印象です。
松本の歌声が岸谷の感じと非常にマッチしていて、個人的には両方好きです。

余談ですが、Peachyの「くいしんぼ天国」が収録されているシングルの表題曲
「スーパージェットシューズ~未来を歩くくつ~」は、
Perfumeが結成当時からカバーしている事で有名な曲です。

スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。