プロフィール

イチトセ

Author:イチトセ
セルフカバーソングが大好きで、現在はセルフカバー中心の音楽wikiにて更新しています。
ツイッターもしているので、気軽にコメントや感想下さい。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

来場者

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

セルフカバー中心のリスト Part.1

今まで紹介したCDをランダムに表示しています。

セルフカバー中心のリスト Part.2

セルフカバー中心のリスト Part.3

セルフカバー中心のリスト Part.4

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック

ランキング

セルフカバー中心の音楽ブログ
音楽の中でも『セルフカバー』を中心に紹介するブログです。                             今はセルフカバー中心の音楽wikiにて更新を続けています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

杉真理 『LOVE MIX(紙ジャケット仕様)』
LOVE MIX(紙ジャケット仕様)LOVE MIX(紙ジャケット仕様)
(2009/10/28)
杉真理

商品詳細を見る

TRACK LIST

01 Love is here
02 静かなヒーロー
03 天使の光
04 Soul Vacation
05 太陽が知ってる
06 世界の中心
07 雨の日はきっと
08 ジェリービーンズ・ガール
09 恋に落ちたなら
10 スパイ映画よ永遠に
11 Boy~君が飛んでゆく時
12 Love like a Xmas day
13 スイートセシリア(Bonus Tracks)
14 Endless Journey(Bonus Tracks)
15 Spiritual POP(Bonus Tracks)
16 アイランド・セレナーデ(Bonus Tracks)
17 ウイスキーが、お好きでしょ(Self Cover Version) (Bonus Tracks)

赤字がセルフカバー曲です。


セルフカバー曲の詳細

17 ウイスキーが、お好きでしょ(Self Cover Version) (作詞:田口俊 作曲:杉真理)
  他の収録CD:V.A.『evergreen~OAK Records BEST~
           須藤薫&杉真理『恋愛同盟』(須藤薫とのデュエット)
  原曲:SAYURI(石川さゆり) 「ウイスキーが、お好きでしょ」(一部歌詞が異なる)
  原曲収録CD:[Single] ウイスキーが、お好きでしょ
           [Album] You&Night&Whisky~ウィスキーが,お好きでしょ~
           [Album] 石川さゆり ベスト&ベスト 津軽海峡・冬景色~天城越え
           [Album] 石川さゆり大全集
           [Album] GOLDEN☆BEST/杉真理杉真理 & フレンズ
           [Album] 心と耳にのこるCMのうた Vol.2     など


[補足・雑記]

杉真理(すぎ まさみち)は、「バカンスはいつも雨(レイン)」などのヒット曲を持ち、
Piccadilly Circus(ピカデリー・サーカス)や須藤薫とのユニット活動で知られるシンガーソングライターです。

このCDは、彼の十六枚目のオリジナルアルバムの紙ジャケット仕様となった再発版です。

ここではSAYURI(石川さゆり)へ提供した「ウイスキーが、お好きでしょ」をセルフカバーしています。

原曲の「ウイスキーが、お好きでしょ」は、サントリーが発売したウイスキー
“サントリークレスト12年”のCMソングとして作られた曲で、
石川さゆりが歌っていますが演歌ではないため例外的に“SAYURI”名義となっています。
1990年から91年にかけてCMに使われたのち、2007年からは同じサントリーのウイスキー
“サントリー角瓶”CMソングとして再び起用され、その後はゴスペラーズ・竹内まりや・ハナレグミらが
カバーしたものがCMに使用されたり、JR新橋駅の発車メロディに使われるなど息の長いヒットを見せています。

石川の歌が素敵過ぎたため、当初からセルフカバーするつもりはなかったそうですが、
ゴスペラーズの見事なカバーに触発され、セルフカバーに踏み切ったそうです。
そして原曲ではBメロがサビ1回だけで終わっているので、
セルフカバーする際に作詞の田口に頼み、18年ぶりに新たな歌詞を書き加えてもらっています。

原曲はジャズテイストの曲を石川の演歌で歌うという面白い試みがなされていて、
セルフカバー版も原曲に沿ってジャズ寄りになっているものの、
杉はジャズミュージシャンではないので、あくまで杉のテイストで歌っているそうです。
確かに聴くと、大人っぽい雰囲気の中に杉の温かみのある歌声が混在していて、
その安心感に身を預けてしまいたいくらいの心地よさです。

ちなみに「Boy~君が飛んでゆく時」でボーイ・ソプラノを披露している少年は
杉の息子である杉未来で、声変わりする前の声を録音しておきたいという
親心が垣間見える微笑ましい一曲です。

個人的に好きな曲は全てです。

スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。