プロフィール

イチトセ

Author:イチトセ
セルフカバーソングが大好きで、現在はセルフカバー中心の音楽wikiにて更新しています。
ツイッターもしているので、気軽にコメントや感想下さい。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

来場者

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

セルフカバー中心のリスト Part.1

今まで紹介したCDをランダムに表示しています。

セルフカバー中心のリスト Part.2

セルフカバー中心のリスト Part.3

セルフカバー中心のリスト Part.4

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック

ランキング

セルフカバー中心の音楽ブログ
音楽の中でも『セルフカバー』を中心に紹介するブログです。                             今はセルフカバー中心の音楽wikiにて更新を続けています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高野寛 『Timeless Piece ~BEST OF HIROSHI TAKANO~』
TIMELESS PIECETIMELESS PIECE
(1998/09/23)
高野寛、田島貴男 他

商品詳細を見る

TRACK LIST

01 ベステンダンク
02 虹の都へ
03 カレンダー
04 国境の旅人(New Version)
05 夜の海を走って月を見た(New Version)
06 島
07 Another Proteus~幻
08 いつのまにか晴れ(New Version)
09 RING(New Version)
10 SEE YOU AGAIN(New Version)
11 エーテルダンス
12 衛星から愛をこめて
13 目覚めの三月(New Version)
14 BLUE PERIOD(New Version)
15 2000(Todd Rundgren Version)
16 ドゥリフター
17 Winter's Tale~冬物語~(Hiroshi Takano Version) [BONUS TRACK]

赤字がセルフカバー曲です。


セルフカバー曲の詳細

17 Winter's Tale~冬物語~(Hiroshi Takano Version) (作詞:高野寛 作曲:田島貴男)
  他の収録CD:なし
  原曲:高野寛&田島貴男 「Winter's Tale~冬物語~」
  原曲収録CD:[Single] Winter's Tale~冬物語~
           [Album] EXTRA EDITION(高野寛)
           [Album] The Very Best of ORIGINAL LOVE(ORIGINAL LOVE)
           [Album] Original Love Early Complete(ORIGINAL LOVE)
           [Album] COLOR CHIPS ORIGINAL LOVE LEGEND1991~1994(ORIGINAL LOVE)
           [Album] (と)1990
           [Album] 冬キブン     など


[補足・雑記]

高野寛(たかの ひろし)は、「虹の都へ」「ベステン ダンク」などのヒット曲や、
GANGA ZUMBA・pupaなど、数多くのバンドにも参加していることで知られているシンガーソングライターです。

このCDは、彼の一枚目のベストアルバムです。

ここでは高野寛&田島貴男名義で発表された「Winter's Tale~冬物語~」をセルフカバーしています。

原曲「Winter's Tale~冬物語~」は、サッポロビール“冬物語”のCMソングとして起用されヒットした曲で、
ORIGINAL LOVE(オリジナル・ラブ)の田島貴男とのコラボレーション曲です。
歌詞にORIGINAL LOVEのファーストアルバム『LOVE! LOVE! & LOVE!』のタイトルが入っているなど
遊び心が盛り込まれていて、高野と田島の仲の良さが見て取れます。
また、この曲は2人が楽しそうに作ったであろう光景が目に浮かぶ程ウキウキとしていて、
非常にポップで聴きやすい上に耳に残る名曲となっています。

原曲では2番を田島が歌っていますが、セルフカバー版では全て高野が歌っており、
サウンドプロデュースも高野1人で行っているため、正に高野寛バージョンというに相応しい曲になっています。
セルフカバー版に関して大きな違いはありませんが、
田島がいない分スッキリとしてしまった感じがありました。
ただ、他のアルバムにセルフカバー版は収録されていないのである意味貴重な音源です。

余談ですが、高野は“WORLD HAPPINESS”という野外音楽イベントに最多出場しています。
その理由がソロ出演の他にGANGA ZUMBA・pupaを掛け持ちして1日に3回出演していたためで、
宮沢和史からこの状況を〝高野寛祭り〟と称されたりしていました。

スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。