プロフィール

イチトセ

Author:イチトセ
セルフカバーソングが大好きで、現在はセルフカバー中心の音楽wikiにて更新しています。
ツイッターもしているので、気軽にコメントや感想下さい。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

来場者

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

セルフカバー中心のリスト Part.1

今まで紹介したCDをランダムに表示しています。

セルフカバー中心のリスト Part.2

セルフカバー中心のリスト Part.3

セルフカバー中心のリスト Part.4

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック

ランキング

セルフカバー中心の音楽ブログ
音楽の中でも『セルフカバー』を中心に紹介するブログです。                             今はセルフカバー中心の音楽wikiにて更新を続けています。
ザ・ワイルドワンズ 『All Of My Life~40th Anniversary Best~』
All Of My Life~40th Anniversary Best~All Of My Life~40th Anniversary Best~
(2006/10/11)
ザ・ワイルド・ワンズ

商品詳細を見る

TRACK LIST

DISC 1
01-01 想い出の渚
01-02 夕陽と共に
01-03 ユア・ベイビー
01-04 あの人
01-05 貝殻の夏
01-06 青空のある限り
01-07 幸せの道
01-08 あの雲といっしょに
01-09 可愛い恋人
01-10 ジャスト・ワン・モア・タイム
01-11 トライ・アゲイン
01-12 風よつたえて
01-13 バラの恋人
01-14 青い果実
01-15 赤い靴のマリア
01-16 花のヤング・タウン
01-17 小さな倖せ
01-18 想い出は心の友
01-19 愛するアニタ
01-20 美しすぎた夏
01-21 夏のアイドル
01-22 セシリア
01-23 あの頃

DISC 2
02-01 白い水平線
02-02 涙色のイヤリング
02-03 Welcome to my boat
02-04 ロング・ボード Jive
02-05 夏がくるたび
02-06 ワン・モア・ラブ
02-07 想い出の渚’91
02-08 追憶のlove letter
02-09 星の恋人たち
02-10 ハート燃えて愛になれ
02-11 幸せのドアー
02-12 黄昏が海を染めても
02-13 Yes,We Can Do It
02-14 あなたのいる空
02-15 愛することから始めよう
02-16 懐かしきラブソング
02-17 夢をつかもう

赤字がセルフカバー曲です。


セルフカバー曲の詳細

01-22 セシリア (作詞:山上路夫 作曲:加瀬邦彦)
  他の収録CD:なし
  原曲:沢田研二 「夕なぎ」(タイトル違い、一部歌詞が異なる)
  原曲収録CD:[Album] 沢田研二 SINGLE COLLECTION BOX Polydor Years


[補足・雑記]

ザ・ワイルドワンズは、「想い出の渚」などのヒット曲を持ち、
近年は沢田研二も加わり“ジュリー with ザ・ワイルドワンズ”としても活動している
加瀬邦彦を中心としたグループ・サウンズです。

このCDは、彼らのベストアルバムです。

ここでは沢田研二へ提供した「夕なぎ」をセルフカバーしています。

原曲は沢田のシングル『コバルトの季節の中で』のB面に収録された曲で、
次アルバム『チャコールグレイの肖像』には未収録のため、
CDとしてはB面まで収録したシングルBOXやB面コレクションでしか聴くことのできない、
ある意味レアな曲です。

「夕なぎ」は“鬼気迫る”と表現されることも多い『チャコールグレイの肖像』の曲調とも異なり、
伸びやかでウキウキとした爽やかなポップソングで、
さらに全曲沢田の作曲で統一されたアルバムであるため、
加瀬の作曲であるこの曲は収録を見送られたのではないかと思われます。

セルフカバー版は〝OH!セシリア〟というコーラスが加わっているのが最大の違いで、
このコーラスが入れるために歌詞が少しずつコンパクトに変更されています。
原曲の持つ海が似合いそうな雰囲気をそのままですが、
歌唱力で言えば沢田の方が上手いと感じました。

またこの曲は、その後のジュリー with ザ・ワイルドワンズとしての活躍を
予感させる曲であるでもあるように思います。

余談ですが、ザ・ワイルドワンズの名付け親は加山雄三で、
加山が当時ハマっていた星占いで“野生人(WILD ONES)”と命名したそうです。

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽