プロフィール

イチトセ

Author:イチトセ
セルフカバーソングが大好きで、現在はセルフカバー中心の音楽wikiにて更新しています。
ツイッターもしているので、気軽にコメントや感想下さい。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

来場者

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

セルフカバー中心のリスト Part.1

今まで紹介したCDをランダムに表示しています。

セルフカバー中心のリスト Part.2

セルフカバー中心のリスト Part.3

セルフカバー中心のリスト Part.4

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック

ランキング

セルフカバー中心の音楽ブログ
音楽の中でも『セルフカバー』を中心に紹介するブログです。                             今はセルフカバー中心の音楽wikiにて更新を続けています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EPO 『ゴールデン☆ベスト EPO』
ゴールデン☆ベスト EPOゴールデン☆ベスト EPO
(2005/04/20)
EPO

商品詳細を見る

TRACK LIST

01 う、ふ、ふ、ふ、
02 土曜の夜はパラダイス
03 身代わりのバディー
04 日曜はベルが鳴る前に
05 VITAMIN E・P・O
06 PARK Ave.1981
07 うわさになりたい
08 私について
09 無言のジェラシー
10 くちびるヌード・咲かせます
11 雨のめぐり逢い
12 DOWN TOWN
13 雨のケンネル通り
14 朝のドライブ
15 Harmony
16 音楽のような風
17 12月のエイプリル・フール
18 太陽にPUMP!PUMP!

赤字がセルフカバー曲です。


セルフカバー曲の詳細

10 くちびるヌード・咲かせます (作詞:EPO 作曲:EPO)
  他の収録CD:EPO『HI・TOUCH-HI・TECH
           EPO『THE BEST STATION JOEPO 1980-1984
           EPO『THE BEST 1980~1990
           EPO『GOLDEN☆BEST EPO~The BEST 80’s Director’s Edition~』     など
  原曲:高見知佳 「くちびるヌード」(タイトル違い)
  原曲収録CD:[Album] アイドル ミラクルバイブル・シリーズ~コロムビア・アイドル・アーカイブス~高見知佳ベスト
           [Album] 音椿~the greatest hits of SHISEIDO~紅盤
           [Album] 20世紀BEST アイドル・ヒストリー コロムビア編
           [Album] 青春CMソング倶楽部40
           [Album] テクノマジック歌謡曲
           [Album] テクノ歌謡 アルティメット・コレクション1
           [Album] 珍品堂~いっ!あの人がこんな歌を…。     など


[補足・雑記]

EPO(えぽ)は、シュガー・ベイブのカバー曲「DOWN TOWN」でデビューし、
資生堂のキャンペーンソングに起用された「う、ふ、ふ、ふ、」が大ヒットしたほか、
近年では土岐麻子に提供した「Gift ~あなたはマドンナ~」や
牧野由依へ提供した「お願いジュンブライト」(共に資生堂のCMソング)など、
他者への楽曲提供も精力的に行っているシンガーソングライターです。

このCDは、彼女のベストアルバムです。

ここには高見知佳へ提供した「くちびるヌード」のセルフカバーを収録しています。

原曲は資生堂のキャンペーンソングとして起用された曲で、高見の最大のヒット曲です。
EPOが初めて他者へ楽曲提供した曲でもあり、
どこか中国っぽさを感じるような異国情緒溢れる雰囲気で、
シンセサイザーを利かせたテクノ歌謡っぽいサウンドがより不思議な浮遊感を生んでいます。

セルフカバー版は歌詞を変更していないものの、タイトルに〝咲かせます〟という言葉が加えられており、
原曲とセルフカバー曲が一目瞭然となっています。
サウンド面では原曲より更にシンセサイザーが際立っていて、
異国っぽさよりはテクノポップの印象が強くなっているように感じます。

高見はアイドルらしい歌い方の一方、EPOははっきりとした歌い方をしているので好みが分かれると思います。

余談ですが、EPOという芸名は子どもの頃のあだ名からきており、
友人が本名の〝えいこ〟と呼ぼうとして〝えぽ〟と言ってしまったのがキッカケだったそうです。

スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。