プロフィール

イチトセ

Author:イチトセ
セルフカバーソングが大好きで、現在はセルフカバー中心の音楽wikiにて更新しています。
ツイッターもしているので、気軽にコメントや感想下さい。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

来場者

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

セルフカバー中心のリスト Part.1

今まで紹介したCDをランダムに表示しています。

セルフカバー中心のリスト Part.2

セルフカバー中心のリスト Part.3

セルフカバー中心のリスト Part.4

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック

ランキング

セルフカバー中心の音楽ブログ
音楽の中でも『セルフカバー』を中心に紹介するブログです。                             今はセルフカバー中心の音楽wikiにて更新を続けています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹仲絵里 『Garden』
gardengarden
(2010/03/10)
竹仲絵里

商品詳細を見る

TRACK LIST

01 Morning song
02 いのちはあたたかい
03 種
04 黄色い花-Wedding Story-
05 僕と僕らのあした
06 ペンギン
07 光のゆくえ
08 口笛
09 シャリラリラ
10 傘
11 距離
12 真っ白な雪,真っ白な未来
13 夜明けまで
14 わかみどり
15 Good night song
16 サヨナラ サヨナラ arranged by 松任谷正隆(bonus track)

赤字がセルフカバー曲です。


セルフカバー曲の詳細

05 僕と僕らのあした (作詞:竹仲絵里 作曲:竹仲絵里)
  他の収録CD:なし
  原曲:V6 「僕と僕らのあした」
  原曲収録CD:[Single] HONEY BEAT/僕と僕らのあした
           [Album] Voyager


[補足・雑記]

竹仲絵里(たけなか えり)は、以前イラストレーターの326のプロデュースを受け、
mawariという名前で活動していたこともあるシンガーソングライターです。

このCDは、彼女の(竹仲絵里名義での)二枚目のオリジナルアルバムです。

ここではV6へ提供した「僕と僕らのあした」をセルフカバーしています。

原曲は4曲収録のV6のシングル『HONEY BEAT』の2曲目で、
この4曲は喜怒哀楽をテーマにしているとメンバーの三宅健がラジオで発言しており、
「僕と僕らのあした」はその中で〝哀〟をテーマとしています。
(ちなみに「HONEY BEAT」は〝喜〟、「愛をコメテ」は〝楽〟、「I DON'T FORGIVE」は
〝怒〟がテーマになっていて、収録順に並べると喜怒哀楽ではなく喜哀楽怒になります。)

〝哀〟がテーマとなっていますがただ単に悲しい曲という訳ではなく、
悲しみを皆で乗り越えていこう、という救いのある歌詞で、
暖かみのある優しい曲調も相まって非常に前向きな曲となっています。

セルフカバー版はピアノとアコースティックギターを使ったアレンジで、
すっきりとした分、竹仲の歌声・歌唱力がはっきりと伝わってくるように思います。
また歌詞が男性目線のままで一人称も〝僕〟ですが、全く気になりませんでした。

ちなみに竹仲にとって「僕と僕らのあした」は初の他者提供曲で、初のセルフカバー曲でもあります。
映画“ギミー・ヘブン”の主題歌になった竹仲の曲「gerbera」(『ペルソナ』収録)を
メンバーの三宅が気に入り、彼自身がスタッフにプレゼンした結果、今回の楽曲提供へ至ったそうです。

他に好きな曲は「いのちはあたたかい」「真っ白な雪,真っ白な未来」
「シャリラリラ」「サヨナラ サヨナラ」です。

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://selfcoversong.blog90.fc2.com/tb.php/294-06ff98fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。