プロフィール

イチトセ

Author:イチトセ
セルフカバーソングが大好きで、現在はセルフカバー中心の音楽wikiにて更新しています。
ツイッターもしているので、気軽にコメントや感想下さい。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

来場者

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

セルフカバー中心のリスト Part.1

今まで紹介したCDをランダムに表示しています。

セルフカバー中心のリスト Part.2

セルフカバー中心のリスト Part.3

セルフカバー中心のリスト Part.4

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック

ランキング

セルフカバー中心の音楽ブログ
音楽の中でも『セルフカバー』を中心に紹介するブログです。                             今はセルフカバー中心の音楽wikiにて更新を続けています。
2013年4月発売のセルフカバー収録CD
○2013年4月10日
朝本浩文『SONG BOOK DUB



○2013年4月24日
さかいゆう『僕たちの不確かな前途(期間生産限定盤)



○2013年4月24日
angela『ZERO




○2013年4月10日
朝本浩文『SONG BOOK DUB

SONG BOOK DUBSONG BOOK DUB
(2013/04/10)
朝本浩文

商品詳細を見る

TRACK LIST

01 情熱
02 Natural Born Dub
03 Here alone
04 果実の月
05 悲しみの花に
06 Nothing Without You feat. Speech
07 Island Of Dreams
08 パレードのテーマ~エンドタイトル
09 After The Rain
10 ミルクティー

赤字がセルフカバー曲です。


セルフカバー曲の詳細

01 情熱 (作曲:朝本浩文)
  原曲:UA 「情熱」(作詞はUA)
  原曲収録CD:[Single] 情熱
           [Album] 11(「情熱(king wadada dub)」を収録)
           [Album] Fine Feathers Make Fine Birds(ライブ音源)
           [Album] Illuminate ~the very best songs~
           [Album] ハルトライブ(ライブ音源)      など
           (“セルフカバー中心の音楽wiki”での記事はこちら)

02 Natural Born Dub (作曲:藤原ヒロシ・朝本浩文)
  原曲:藤原ヒロシ 「Natural Born Dub」
  原曲収録CD:[Album] HIROSHI FUJIWARA in DUB CONFERENCE
           [Album] BEST
           [Album] Grand Gallery presents MELLOW DUB
           [Album] The Victor Recordings(7)1988~1997      など
           (“セルフカバー中心の音楽wiki”での記事はこちら)

03 Here alone (作曲:朝本浩文)
  原曲:安良城紅 「Here alone」(作詞はJUSME)
  原曲収録CD:[Single] Here alone
           [Album] Beni(「Here alone(Album version)」を収録)
           [Album] Chapter One~complete collection~      など
           (“セルフカバー中心の音楽wiki”での記事はこちら)

04 果実の月 (作曲:朝本浩文)
  原曲:PUSHIM 「果実の月」(作詞はPUSHIM)
  原曲収録CD:[Single] 果実の月(「果実の月(Fat Rim Mix)」「果実の月(Original Mix/Single Edit)」など3種収録)
           [Album] Say Greetings!
           (“セルフカバー中心の音楽wiki”での記事はこちら)

05 悲しみの花に (作曲:朝本浩文)
  原曲:Sugar Soul 「悲しみの花に」(作詞はSugar Soul)
  原曲収録CD:[Single] 悲しみの花に(「悲しみの花に(single edit)」など4種類を収録)
           [Album] on(「悲しみの花に(album ver.)」を収録)
           [Album] sugar soul(「悲しみの花に(single edit)」を収録)
           [Album] I Love You J-Ballads
           [Album] bmr presents MELLOWS/Domestic Mellow R&B playlist      など
           (“セルフカバー中心の音楽wiki”での記事はこちら)

10 ミルクティー (作曲:朝本浩文)
  原曲:UA 「ミルクティー」(作詞はUA)
  原曲収録CD:[Single] ミルクティー
           [Album] アメトラ
           [Album] 空の小屋(ライブ音源)
           [Album] Illuminate ~the very best songs~
           [Album] ハルトライブ(ライブ音源)      など
           (“セルフカバー中心の音楽wiki”での記事はこちら)

<他サイトの商品情報>
・日本を代表するサウンド・プロデューサーである「朝本浩文」が、 UAの『情熱』、『ミルクティー』他、
 自身が作曲、プロデュースを手掛けた大ヒットナンバーをピアノ・ダブ・サウンドでカバー。
 Sugar Soul、藤原ヒロシ、安良城紅、MUTE BEATへの楽曲も収録した決定盤。

・日本を代表するサウンド・プロデューサー、朝本浩文の本人名義による初のソロ・アルバム。
 UAの「情熱」「ミルクティー」他、自身が作曲、プロデュースしたナンバーの数々を
 ピアノ・ダブ・サウンドでカヴァーした1枚。 (C)RS




○2013年4月24日
さかいゆう『僕たちの不確かな前途(期間生産限定盤)

僕たちの不確かな前途(期間生産限定盤)僕たちの不確かな前途(期間生産限定盤)
(2013/04/24)
さかいゆう

商品詳細を見る


DISC 1
01-01 僕たちの不確かな前途
01-02 ONE WOMAN
01-03 100%
01-04 CREEP (Original:Radiohead)
01-05 僕たちの不確かな前途 <Backing Track>

DISC 2(期間生産限定盤のみ)
02-01 How Beautiful(Live ver.)
02-02 ウシミツビト(iTunes Live from Tokyo ver.)
02-03 train(iTunes Live from Tokyo ver.)
02-04 ストーリー(iTunes Live from Tokyo ver.)
02-05 君と僕の挽歌(Live ver.)

赤字がセルフカバー曲です。


セルフカバー曲の詳細

01-03 100% (作詞:さかいゆう 作曲:さかいゆう)
  原曲:小泉今日子 「100%」
  配信限定原曲:[Single] 100%(iTunes Store)
  原曲収録CD:[Album] Koizumi Chansonnier
  (“セルフカバー中心の音楽wiki”での記事はこちら)

02-01 How Beautiful(Live ver.) (作詞:土岐麻子・川口大輔 作曲:さかいゆう)
  他の収録CD:さかいゆう『ストーリー
           さかいゆう『DEMOTRACKS』「How Beautiful(STUDIO LIVE Ver.)」を収録
           さかいゆう『How's it going?』(「How Beautiful-English ver.-」を収録、英訳:内田壮志)
  原曲:土岐麻子 「How Beautiful」
  原曲収録CD:[Single] How Beautiful
           [Album] TOUCH
           [Album] VOICE ~WORKS BEST~
           [Album] TOKI ASAKO "LIGHT!" ~CM & COVER SONGS~
           [Album] BEST! 2004-2011      など
           (“セルフカバー中心の音楽wiki”での記事はこちら)

<他サイトの商品情報>
・シンガー・ソングライター「さかいゆう」の2013年第1弾シングル。
 タイトル曲は、山崎まさよしがギターでレコーディングに参加した、POPでリズミカルなメロディが印象的な楽曲。
 カップリングには、2012年一夜限りのスペシャルLIVEで披露した未発表曲「
 ONE WOMAN」(「ウーマンスマイルカンパニー千趣会」イメージ・ソング )他を収録。 (C)RS

・前作「君と僕の挽歌」に続く、2013年シングル第1弾。
 「僕たちの不確かな前途」は、山崎まさよし参加のリズミカルなメロディが印象的なナンバー。
 新曲に加え、提供曲「100%」のセルフ・カヴァーやレディオヘッドのカヴァーもカップリング。




○2013年4月24日
angela『ZERO

ZEROZERO
(2013/04/24)
angela

商品詳細を見る


TRACK LIST

01 KINGS
02 僕じゃない
03 So sweet memories
04 Remember me
05 生命 -イノチ-
06 境界線Set me free
07 THE LIGHTS OF HEROES
08 This is my wish
09 Always 好きだよ
10 いつかのゼロから
11 -レクイエム・オブ・レッド-
12 To be with U!

赤字がセルフカバー曲です。


セルフカバー曲の詳細

11 -レクイエム・オブ・レッド- (作詞:atsuko 作曲:atsuko・KATSU)
  原曲:櫛名アンナ(CV:堀江由衣)&赤のクランズマン 「レクイエム・オブ・レッド」
  原曲収録CD:[Single] K vol.7(Blu-ray) 特典キャラクターソングCD
  (“セルフカバー中心の音楽wiki”での記事はこちら)

<他サイトの商品情報>
・2013年5月にデビュー10周年を迎えるangelaの通算6枚目となるアルバム。
 2012年、海外でのライヴやイベント出演などを積極的に行い、
 小松未可子への楽曲提供など精力的に活動してきた彼らの集大成であり、
 新たなる1歩でもある一枚。TVアニメ『K』関連の楽曲を多数収録。 (C)RS

・デビュー10周年のangelaによる2013年4月24日発表の6thアルバム。
 「境界線Set me free」「いつかのゼロから」ほかアニメ『K』関連曲や
 シングル「THE LIGHTS OF HEROES」「「KINGS」」など全12曲。


テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://selfcoversong.blog90.fc2.com/tb.php/349-73e1798f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)